R1200C インデペンデント

車両価格: SOLD


エンジン

走行も少なくこれからのエンジンです。
もちろん納車点検もしてお渡し致しますので安心して乗って頂けます。

足回り

タイヤ前後共に8分山位です。ブレーキも良く効いて異常や異音も有りません。

電装関係

全て正常に作動します。

外装

探せば小キズ小サビは有りますが中古車としてはとても綺麗な状態です。
メッキ部分に若干の浮きが有りますが軽度な状態ですのでこのままで充分に綺麗だと思います。

総評

この車種もとても流通の少ない車種ですので状態の良い車輌は即GETしてください!!
程度も良くとても目立ちます!!

R1200Cインディペンデントは、先に発売されていたクラシックやアバンギャルドと主要部分は基本的には
同じながら、ハンドルバー、前後ホイール、リアシートが異なり、補助ライトやメーターバイザーの有無が
違いとなります。
エンジンは同時期に販売されていたR1150系の高出力・高トルクを狙ったエンジン特性ではなく、
クルーザーとしての落ち着いたエンジン特性に振られています。
最大トルクは3000rpm、最高出力は5000rpmという低回転で発揮。
いかにもフライホイールが重いという感じで回る独特な性格です。

フロントフォークはテレレバーが採用されていて、安定性と作動性は申し分ありません。
リアスイングアームはモノレバータイプが採用されており、シャフトドライブ車特有のリアクションを
打ち消すパラレバーとは異なります。
R1200C系はスイングアームを延ばすことによってリアクションを最少に抑え、
クルーザーらしいデザインにも貢献しています。

外装品のほとんど(前後フェンダー、ガソリンタンク、サイドパネル)に鉄製部品が使用されており、
樹脂製部品は電装品等の限られた部品にのみ使用されているのも、クルーザーらしいところです。
また、金属・樹脂共にメッキや磨き部品が多く使われており、磨き甲斐のあるモデルでもあります。

BMWモーターサイクルの中にあって、R1200C系は特殊なモデルです。
それだけにその存在感は大きなものがあります。

カスタム