R1200ST

車両価格: SOLD


エンジン

走行17000kmを超えてあたりのつき始めたエンジンです。 低回転から高回転までストレスなく気持ちよく吹け上がります。 オイル漏れ、異音や異常は有りません。 ミッションの入りもスムーズに入ります。

足回り

タイヤ前後7〜8分山でブレーキもABSがしっかりと作動し滑らかな足回りで高速でも安心です。 サスペンションもオイル漏れや異音は有りません。

電装関係

すべて正常の作動します。バッテリー、充電系統全てOK!! グリップヒーターも付いています!!

外装

目立つようなキズやサビもなく綺麗な状態です。 もちろん中古車ですので探せば小キズや小サビは有りますが探せばと言った程度のものです。 バグスターのタンクカーバー、バッグ付きでタンクもガッチリガードされ安心です!

総評

BMWの軽快津アラーです。町乗りからツーリングまでマルチに使えるモデルです。グリップヒーター、ABS、バグスタータンクバックなど装備も充実してとてもお買い得な1台です! R1200ST は、走行時の快適性を最大限に考慮した R1200RT と、運動性を重視した R1200S の中間に存在するモデルです。パワーもトルクも十分な RT と同じエンジンを搭載し、Sタイプに似た運動性能や比較的小ぶりな車体構成が、色々な場面で“使える”車輌となっています。何かを特化させていない分、あらゆる場面で楽しませてくれるモデルが、この R1200ST になります。 発売は 2005 年初頭で、R1200RT に次ぐ 197 万円という比較的高い価格でした。発売時はこの比較的高価格帯であること、それに独特なスタイルから、ユーザーから選ばれる車輌になるかどうか危惧されていましたが、大方の予想とは裏腹に販売を大きく伸ばしていました。 メーカーでは外装パネルの組み合わせで6色の生産がおこなわれていましたが、日本ではそのうち3色が通常販売されました。ごく稀に見慣れない車体色を目にすることがありますが、通常販売色以外を特注で取り寄せることも可能でした。その後、色は銀や黒の単色に変わり ESA を装備したモデルで最終販売となります。生産年度上 R1200ST は 2008 年モデルを最後に R1200S と同時期に姿を消しました。中古車を探すと販売が好調だった時期のツートーン仕様が見つけ易いのですが、単色に変わってからの車輌は販売台数が少なく見つけるのは容易ではありません。 エンジンは R1200RT と同じ 110ps 仕様を搭載しています。最高出力はわずか 7,500rpm で発揮されるので、一般道のゆっくりペースから高速道路のハイペースまで、余裕で使いこなすことが出来るエンジンです。また、装備重量が 230kg を切っているので、ツーリング時の燃費は 20km/Lを超える場合がほとんどです。ガソリンタンク容量 21Lを考えると十分すぎる航続距離も確保されています。 前後サスペンションは、守備範囲がとても広い BMW 独自のテレレバーとパラレバー機構を装備しています。テレレバーはとてもしなやかによく動き、急制動時の姿勢変化もおこさない優れものです。パラレバーはシャフトドライブ特有の挙動をよく制御しています。車輌の使い勝手の良さは、前シート、ハンドル、レバー、スクリーンの調整機能や、上下ともに2灯同時点灯してとても明るいヘッドライト、脱着し易いバッテリー、確認し易いエンジンオイルレベルなどに現れています。さらに、サイドバッグ、トップケース、タンクバッグ、ハイシート、エンジンガード等も純正用品として用意されています。グリップヒーターと電源ソケットは標準装備されています。

カスタム